株式会社タクト|塗装工事ならタクトにお任せください

SERVICE

事業案内

建物調査診断

建物のひび割れ・仕上げ材の浮き・コンクリートの剥離・鉄筋の露出等の劣化状況・不具合傾向を把握し、改修が必要かの判断及び、工法・数量を把握する事が目的です。
建物の現状の仕様と劣化、問題点の確認を行い、結果を劣化診断報告書としてまとめ、管理組合様へ修繕緊急度、修繕方法提案などの報告を行います。

足場仮設工事

外壁の工事で必ず必要になる足場。重大事故が起きやすいのも足場。工事が終われば取り払われ形に残るものではありません。しかし、より安全に、より良い工事を行うためには足場工事をしっかりと計画し、安全に足場工事を行い、足場上での作業環境を整える事が大事だと考えています。

下地補修工事

下地補修工事は、大規模修繕工事の工程で建物の細かい部分の補強や補修を行うという、安心して住民の方に生活をしていただくための重要な部分です。
タイルのキズや壁の亀裂などを補修することで、建物の外観を保ったり、強度をあげるだけではなく、欠落などの落下物での事故防止など居住者の安全を守ります。

内装工事

内装工事とは躯体が完成した後、建物の内部で行う工事をいいます。具体的には、間仕切り壁や二重天井をつくる鋼製下地組立やボード張りの工事、床・壁・天井の仕上げ工事、木製建具工事、家具工事、防音工事などを指します。店舗の場合は、水道や電気、ガスなどの設備工事までを含んで、内装工事と呼ぶこともあります。
建物の建築工事の中で、内装工事は室内の仕上げをするもの。住宅やビル、商業施設などの出来栄えを左右するのは、内装工事にかかっているともいえます。

防水工事

タクトは確かな技術力で数多くの防水工事の施工をしてまいりました。
防水工事にはさまざまな種類と工法があり、間違った工法で施工すると防水機能も半減してしまいます。建物の構造や既存防水層の状態、排水ドレンの確認、躯体調査など問題点を確認して建物に最も適した工法をご提案します。
耐久性に優れた防水こそが建物の躯体を雨水から守り、建物の寿命を格段に延ばします。

外構工事

敷地内の建築物以外の外部廻りの工事を指します。コンクリート舗装やアスファルト舗装、排水工事、植栽工事などがあります。建物までのアプローチや駐車場・駐輪場の整備など、建築物の印象やその土地の風景に影響を与える重要な基盤でもあります。